カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

レンタカーの傷は無視すると大変なことに…!対処方法と注意点・費用を解説

最近では、カーシェアやレンタカーなど、必要なときに車をレンタルできるサービスが普及してきていますよね。しかし、下記のような理由でレンタカーを利用するのが心配…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 事故を起こした時の対応が分からない
  • 車を傷つけて多額の請求をされたらどうしよう
  • トラブルに巻き込まれたくない

不測の事態になったときのことを考えると、不安に思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、怖いからと言って車を傷つけてしまったのに嘘をついたり知らないふりをしてしまうと、かえって大きなトラブルになりかねません。

この記事では、以下について解説します。

  • レンタルした車に傷をつけてしまったときの対処法
  • 車を修理する際の費用
  • カーシェアサービスを利用する際に気をつけること

安全に楽しくカーシェアを楽しむための心構えや、もしものときの対処法を紹介していますので、カーシェアをよく利用する方も、これから利用を検討している方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レンタカーの傷を報告しなかったり嘘をついたらどうなる?

「ちょっと擦ったりしただけだし大丈夫」
「小さい傷だし言わなきゃバレないだろう」
と誘惑に負けそうになってしまう気持ちはわかります。

しかし、カーシェア会社は車の管理を徹底しているのはもちろんのこと、誰がいつ利用したのかを細かく把握しています。そのため、傷を見つければほぼ確実に誰が利用した際の傷なのかが分かってしまいます。

そもそも、カーシェアリングを利用する際には料金に補償が含まれています。そのため、利用時間内の事故や損傷は、それら補償によってある程度カバーされることが多いです。つまり、きちんと報告をすれば、弁償をしたり、損害金の支払いをしたりする必要がなくなることは往々にしてあります。

しかし、この補償は、利用規約に基づき利用した場合に適用されます。そのため、報告を怠ったり嘘の証言をしてしまうと、補償が適用されずに料金を全額請求されてしまうケースがあります。

さらに、傷をつけてしまったにも関わらず黙っていたり嘘をつく行為が悪質と判断されると、今後カーシェアサービスを受けられなくなるリスクもあります。利用中に傷をつけてしまった際には、速やかに管理会社に報告をしましょう。

【はじめに】レンタカーに傷をつけてしまった場合の対応方法


ここからは、レンタカーに傷をつけてしまった場合の対応方法をご紹介します。まず最初にやるべきことは次の3つです。

  • まずは負傷者の確認・救護
  • レンタカー会社へ連絡
  • 警察を呼んで事故証明を取得する

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.まずは負傷者の確認・救護

まず最初にすることは、安全の確保です。車を安全な場所に停車させ、怪我人がいないかを確認します。救護が必要な人がいる場合には、怪我の程度を確認し、必要な場合には救急車を手配しましょう。

2.レンタカー会社へ連絡

次にやるべきことは、レンタカー会社へ連絡をすることです。まずは車に傷をつけてしまった旨を報告し、傷がついた際の状況や、傷の程度や大きさを伝えましょう。レンタカー会社から次の指示がありますので、それに従って行動しましょう。

大抵の場合は警察を呼ぶように言われますが、負傷者もなく、ごく軽微な傷だった場合には、まれに「警察を呼ばなくてもいいですよ」と許してもらえるケースもあります。いずれにしても、まずは必ず利用しているレンタカー会社へ連絡して管しさい。

3.警察を呼んで事故証明を取得する

事故を起こした場合には、必ず警察に連絡をしましょう。警察へ通報しなかった場合、交通事故証明書が発行されないからです。警察官が現場へ到着したら、事故を起こした時の状況などを詳しく説明しましょう。

交通事故証明書は、カーシェアの補償や保険が適応されるために必要になります。自己判断で警察への連絡を怠ってしまうと、たとえ軽微な傷であったとしても修理費用を請求されてしまう場合がありますので、事故の大小に関わらず警察への通報は必ず行うようにしましょう。

レンタカーに傷をつけてしまった場合の費用は?

車両には傷つきやすいパーツがあります。それらのパーツ別に、修理費用の相場をご紹介します。今回相場をご紹介するパーツは、以下の通りです。

  • ボディの傷の修理費用相場
  • タイヤ・ホイールの傷の修理費用相場
  • 内装の傷の修理費用相場

それぞれの場所が、どの程度の傷でどの程度の費用がかかるのか確認していきましょう。

ボディの傷の修理費用相場

ボディの中でも、気づかないうちに傷がついてることが多いのがバンパーです。バンパーについてしまった傷は、程度や大きさによって修理費用が変わります。

短く浅い傷

短く浅い傷で、他の箇所に傷がついていない場合は、レンタカー会社が塗料ペンなどで修正できる場合もあります。

そのようなケースであれば、修理費用も安価になりますし、請求されない可能性もあります。

大きな傷

バンパーの交換が必要なほど大きな損傷があった場合には、パーツ料金や修理費用に加えて、修理期間の補償費用を請求されることが考えられます。保険によって免責されるケースが多いですが、免責がなかった場合には10万円程度必要になると考えられます。

タイヤ・ホイールの傷の修理費用相場

タイヤやホイールも傷がつきやすい場所です。こちらも傷の程度によって費用は変わります。大きな損傷でなければ請求されない場合もありますが、パーツの交換が必要な場合はタイヤ・ホイール1つにつき1万円~2万円ほど必要になるでしょう。

内装の傷の修理費用相場

シートなどの小さな傷は、簡単に修理できるため安価で済むか、請求されない場合もあります。しかし、シートの張り替えが必要なほど損傷が激しく、補償もない場合には、張り替え費用として2万円前後かかってしまう可能性もあります。

【もしものために】レンタカーを借りる前にやっておくべきこと


車を傷つけずに利用できることが一番ですが、どんなに気をつけていても、ちょっとした油断で車を傷つけてしまうことはあります。利用する際に以下のポイントを押さえることで、身に覚えのない傷を指摘されたり、高額な請求をされることを避けることができます。

  • 事前に傷をチェックしておく
  • 保険には必ず入ろう!
  • 傷がついてしまったときの流れを確認する

1つずつ確認していきましょう。

1.事前に傷をチェックしておく

車を返却する際に起こるトラブルとして、身に覚えのない傷の修理費用を求められるケースがあります。レンタカーを貸し出す際には、会社側で車のコンディションを確認しますが、まれに傷を見落としてしまうこともあります。そのため、借りた車の傷が実は前のカーシェア利用者がつけてしまった傷の可能性も0ではありません。

トラブルを避けるためにも、車を利用する前に傷などがないか確認し、傷を見つけたらその写真を事前に取っておくと安心です。

2.保険には必ず入ろう!

安心してカーシェアサービスを利用するためにも、保険には必ず入りましょう。事故は気をつけていても起きてしまうものです。ましてや、いつもと違う車を運転したり、久しぶりの運転となると、事故のリスクは高まります。

「保険代がもったいないな…」と思ってしまう気持ちもわかりますが、何かあったときのお守り代わりにも、保険に入ることをおすすめします。
レンタカーの保険について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

レンタカーで保険に入るべき?入るべき理由と注意点・実際の料金を解説

利用規約と保険の補償内容も確認しておこう

カーシェアサービスを利用する前に、利用規約と保険の補償内容も確認しておきましょう。車両補償や対物補償、対人補償などの内容だけでなく、保険・補償が適用できない例なども把握しておくことで、のちに大きなトラブルに巻き込まれることを防ぐことができます。

3.傷がついてしまったときの流れを確認する

どんなに気をつけて運転しても、傷をつけてしまうことは誰にでも起こり得ます。万が一傷をつけてしまったときに焦ることのないよう、傷をつけてしまったときの流れを把握しておくことは大切です。

レンタカーの傷に関するよくある質問


レンタカー利用の際によくある質問を5つピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 小さい擦り傷ならタッチペンで修理可能?
  • レンタカーの傷の許容範囲は?
  • レンタカーの傷に気づかなかった時は?
  • 駐車場で傷を付けられてしまった場合の対応は
  • 傷以外にも気をつけることはある?

小さい擦り傷ならタッチペンで修理可能?

「このくらいの小さな傷なら自分で直してごまかせるかも」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分でタッチペンなどを使って修理することはおすすめできません

思いのほか傷が深かった場合はタッチペンでは修理できませんし、下手に手を加えて傷の状態を悪化させてしまうリスクもあります。車に傷をつけてしまった際には、自分で直そうとせず、レンタカー会社に申告しましょう。

レンタカーの傷の許容範囲は?

レンタカーの傷の許容範囲は、各レンタカー会社によって異なります。軽微な傷の場合、厚意で見逃してもらえる場合もありますが、それも会社によって判断が異なるため、明確な基準はありません。

「これくらいなら大丈夫だろう」と許してもらえることを期待するのはやめておいたほうがいいでしょう。

レンタカーの傷に気づかなかった時は?

レンタカー利用中につけてしまった傷に気づかずに返却してしまうこともあるかもしれません。そのような場合は、車を返却した後に、会社側から連絡が来ます。基本的には、相手側の指示に従って手続きや料金の支払いをすることになります。

しかし、明らかに自分がつけていない傷だったり、法外な料金を請求された場合には、詳細をきちんと明らかにすることも必要です。

駐車場で傷を付けられてしまった場合の対応は?

「駐車場にレンタカーを停めていたら、他の車に傷つけられてしまった…」なんてことがあるかもしれません。たとえこちらが停止していたとしても、事故を起こしたときの手順は変わりません。

まずはお互いの身の安全を確保し、レンタル会社と警察に連絡をしましょう

傷以外にも気をつけることはある?

運転を開始する前に、車の操作方法を確認しましょう。車の操作方法は車種によって異なります。エンジンのかけ方やサイドブレーキの位置など、いつもと違う車に戸惑ってしまうこともあるかもしれません。安全に運転をするためにも、車についてきちんと確認してから運転するようにしましょう。

また、駐車違反にも注意が必要です。車の利用期間中に駐禁ステッカーを貼られた場合は、車の返却前に警察署に出頭し、反則金納付などの手続きを行う必要があります。「ちょっとだから大丈夫」と油断せずに、違法駐車はやめましょう。

レンタカーを借りるなら「傷」と「保険」をチェックしよう!


本記事では、以下のことをご紹介しました。

  • レンタルした車に傷をつけてしまったときの対処法
  • 車を修理する際の費用
  • カーシェアサービスを利用する際に気をつけること

安全に楽しくカーシェアサービスを利用するためにも、レンタカーを借りる際には、ぜひ傷と保険の確認をしてくださいね

長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

関西で長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップです。カルノリレンタカーは現在以下の8店舗で営業しています。

【大阪府】
大阪西区店
大東住道店
大阪本店
堺西店

【京都府】
京都伏見店

【兵庫県】
兵庫伊丹店

【奈良県】
奈良大和郡山店

【三重県】
三重桑名店

カルノリレンタカーの特徴は以下の通りです。

  • 軽自動車や軽トラックであれば圧倒的な低価格でレンタカーを借りることができる
  • 1日のプランだけではなく、1週間~1ヶ月と中長期でレンタカーを借りたい方向けのプランも用意している
  • 手続きが簡単にでき、当日でも借りることができる
  • 法人様限定のお得なプランも用意してある
  • レンタカーの品質やサービスが良く、多くのお客様から高い評価を受けている

ただ安いだけのレンタカー会社なら他にもありますが、カルノリレンタカーは低価格でありながら高品質なので非常に高い評価を得ています。実際に口コミでも、車の品質だけでなくスタッフの対応への満足度も高く好評です。

個人の方でも法人の方でも簡単に車を借りることができるので、長期レンタカーを借りようと思っている方はカルノリレンタカーで車を借りてみてください。

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

お問い合わせはこちらから
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太カルノリレンタカー株式会社 代表取締役
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください