【知ってた?】ガソリンを入れる時エンジンはどうする?切らないと爆発する?給油時の注意点とは - 1ヶ月の格安レンタカーなら【カルノリレンタカー】1日800円~業界最安値

カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

【知ってた?】ガソリンを入れる時エンジンはどうする?切らないと爆発する?給油時の注意点とは

ガソリンスタンドで給油する際、エンジンを切っている方も多くいますが、エンジンを付けたままにしている車もありますよね。

「そもそも危ないのかな?」

「危ないとしたら、どれくらい危ないのかな?」

給油中にエンジンを切ることはマナーなのか、知らないといけない決まりがあるのでしょうか。

そこで、本記事では以下について解説します。

  • ガソリン給油中はエンジンを切るべきなのか
  • 給油中にガソリンを切らないといけない理由
  • ガソリン給油中に気を付けたいこと

ガソリン給油中のエンジンについて気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

格安レンタカーならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

 

レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップで、格安でレンタカーを借りることができます。

料金 1日:4,400円~
2日:8,800円~
3日:13,200円~
1週間:8,800円~
店舗一覧

大阪府:大阪西区店大東住道店大阪本店堺西店大阪羽曳野店摂津高槻店関西空港店東大阪店十三塚本店
京都府:京都伏見店
兵庫県:兵庫尼崎店兵庫伊丹店兵庫西宮店
奈良県:奈良大和郡山店
三重県:三重桑名店
北海道:北海道江別店
沖縄:沖縄豊見城店
【カルノリレンタカープレミアム】
沖縄県:沖縄那覇空港店

車種ラインナップ 軽自動車:4人乗り
コンパクトカー:4~5人乗り
ファミリーカー:7~8人乗り
営業時間 10:00~19:00 ※一部店舗によって異なる
特徴 ・業界最安値
・保険付き
・スピード対応
・LINEで簡単に問合せ可能

※料金は全て税込表記

 

カルノリレンタカーの最大の魅力は、業界でもトップクラスの価格の安さです。1日貸し出しも格安の設定ですが、1週間や1ヶ月といった中〜長期での貸し出し価格はさらに安さが際立ちます。

 

ウィークリープランやマンスリープランでの貸し出しも行っており、一般的なレンタカー会社の3〜4倍安い金額を実現しています。

 

カルノリレンタカー店舗情報一覧

ガソリンを入れる時はエンジンを切らないといけない

ガソリンスタンドでエンジンをかけたまま給油しようとすると、店員からエンジンを止めるように言われたことがある方もいるかもしれません。また、エンジンを切らずに給油してしまったことがある方もいるかもしれません。

実際、給油の際エンジンを切るべきなのかかけたままでも問題ないのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

実は、エンジンをかけたままガソリンを入れることは危険な行為です。ガソリンは引火しやすく気化もしやすい液体なので、静電気などでも引火してしまい、車が爆発してしまう可能性があります。

そのため、給油する際は必ずエンジンを切るようにしましょう。

ガソリンを入れる時にエンジンを切ることは法律でも定められている

「危険物の規制に関する政令第27条第6講第1号ロ」によると、「自動車等に給油するときは、自動車等の原動機を停止させること」と定められています。

消防法によって、ガソリンや軽油、灯油などは危険物とされています。そのため、ガソリンスタンドでガソリンを入れる時、エンジンをかけたまま給油することは法令違反になります。

しかし、この消防法は利用者に対してではなく、危険物を取り扱うガソリンスタンド側に対する規制です。仮にエンジンを切らずに給油してもドライバーが罰せられることはないでしょう。

ただ、ガソリンは引火しやすい危険な液体なので、給油中はエンジンを切るようにしましょう。

エンジンを切るの忘れた!どうすれば良い?

ガソリンを給油する際のエンジンの停止は、法律でも定められていることは前述しました。とは言え、仮にドライバーがエンジンを切るのを忘れて給油してしまった場合でも、罰せられることはないでしょう。

また、ガソリン給油中にエンジンを切るのを忘れた場合でも、車自体に悪影響があるわけではありません。そのため、過度に心配する必要はないでしょう。

しかし、ガソリンは静電気などでも引火する恐れがある危険物です。給油中はエンジンを切るように心がけましょう。

給油中にエンジンをかけても大丈夫?

給油が終わるまではエンジンを切るようにしましょう。給油中でもエンジンがかかっていると、何らかトラブルで車が動いてしまう可能性があります。

たとえば、給油中に車が動いてしまうと、給油ノズルが外れてガソリンが吹きこぼれてしまったり、ガソリンが周辺に飛び散って引火してしまったりと大変危険です。

また、給油中はエンジンを切ることが法律で定められています。そのため、給油中でもエンジンをかけないようにしましょう。

ガソリンを入れる時にエンジンを切る理由とは?

ガソリンを入れる時はエンジンを切ることが大切であることがわかりましたが、なぜエンジンを切る必要があるのでしょうか。

ここでは、エンジンを切る必要がある理由について詳しく解説します。

  • ガソリンは爆発性が高い
  • 車の誤発信を避けるため

理由1.ガソリンは爆発性が高い

ガソリンは気化しやすく引火しやすい、爆発性の高い大変危険な液体です。そのため、エンジンをかけたまま給油すると、引火してしまう恐れがあります。

給油中は、たばこやライターなどの火を用いるアイテムはもちろん、携帯電話の使用で起こる静電気などにも注意が必要です。

理由2.車の誤発進を避けるため

ガソリンスタンドで給油する際、サイドブレーキで車を停めている方もいるかもしれません。しかし、サイドブレーキのかかりが甘いと給油中に車が誤発進してしまう恐れがあります。また、子供が車内にいて誤って車を動かしてしまう可能性もあるでしょう。

車が動いてしまうと給油ノズルが外れて、ガソリンが周辺に飛び散り引火するリスクが高まります。最悪の場合、爆発してしまうことも考えられるので、給油中はエンジンを切るようにしましょう。

 

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

ガソリンを入れる時に気を付ける6つのこと

ガソリンが危険物であることをわかっていただけたところで、ガソリンを入れる時に気を付けるべき6つのことを解説します。

  • 車のエンジンは切る
  • 給油前に静電気除去シートに触れる
  • 給油中にライターやたばこ、携帯に触らない
  • 給油中はその場を離れたり子供を近づけたりしない
  • 吹きこぼれにも注意する
  • ガソリン入れる時は窓やドアを開けっ放しにしない

上記6つの注意点について詳しく解説するので、参考にしてみてください。

注意点1. 車のエンジンは切る

ガソリンは気化しやすく引火しやすい危険な液体です。ガソリン給油時は、エンジンを切ることが法律でも定められています。

店員がいるガソリンスタンドでもセルフ式のガソリンスタンドでも、安全のために必ず車のエンジンは切るようにしましょう。

注意点2. 給油前に静電気除去シートに触れる

身体には知らないうちに静電気が溜まっています。その静電気による火花でも、ガソリンに引火すると大事故が起こる恐れがあります。特に冬場は空気が乾燥し、静電気が起こりやすいので注意が必要です。

ガソリンに引火させないためにも、ガソリンを入れる前は必ず「静電気除去シート」に触れるようにしましょう。一般的に静電気除去シートは給油ノズルの近くにあります。シートがない場合でも、車のボディに触れることで静電気を除去することができます。

給油前には静電気除去シートなどに触れて、必ず静電気を除去しておきましょう。

注意点3. 給油中にライターやたばこ、携帯に触らない

ガソリンに引火してしまう恐れがあるので、給油中はライターやたばこなどの火気の使用は厳禁です。運転中に火気を使用していた場合でも、必ずガソリンスタンドに入る前に火を消すようにしましょう。

また、携帯電話の使用にも注意が必要です。携帯の使用で静電気が発生し、ガソリンに引火する恐れがあります。また、給油中に通話したりSNSを利用したりすると、注意が逸れてしまうこともあるため、危険です。

給油中はライターやたばこ、携帯などを使わないようにしましょう。

注意点4. 給油中はその場を離れたり子供を近づけたりしない

給油中に飲み物を買いに行ったりトイレに行ったりするなど、その場を離れる行為は控えましょう。ガソリンが吹きこぼれて、周囲に飛び散ってしまう可能性があります。

また、ガソリンは大変危険な液体なので、子供を近づけないように注意しましょう。

注意点5. 拭きこぼれにも注意する

一般的にガソリンスタンドの給油機には、オートストップ装置が備えられています。そのため、燃料タンクが満タンになると自動で給油が止まります。

しかし、給油ノズルが奥まで差し込まれていなかったり流量が少なかったりする場合は、オートストップ装置が作動しないことがあり、ガソリンが吹きこぼれてしまう可能性があります。

ガソリンの吹きこぼれを防ぐためにも、給油ノズルは確実に奥まで差し込むことや、給油が自動的に止まったらそれ以上給油しないようにすることなどを意識しましょう。

注意点6. ガソリンを入れる時は窓やドアは開けっぱなしにしない

ガソリンスタンドでは、気化したガソリンが多く空気中に存在しています。そのため、給油中に窓やドアを開けっぱなしにしておくと、車内に入り込んでしまう恐れがあります。

ガスが入った状態でたばこやライターを使用すると引火することもあるので危険です。そうならないためにも、給油中は必ず窓やドアを閉めるようにしましょう。

【給油に関して困ったり迷ったら】ガソリンスタンドのスタッフに相談しよう!

店員がいるガソリンスタンドであれば、給油などはスタッフが行ってくれますが、セルフ式のガソリンスタンドだとドライバー自らがすべてを行う必要があります。

しかし、セルフ式のガソリンスタンドにも常駐しているスタッフはいます。給油に関して困ったり迷ったりした場合など、間違った対処をしてしまうと大事故につながる可能性があります。

自分ではどのように対処していいかわからないときは、常駐しているスタッフに相談するようにしましょう。

エンジンを切っている間の車内気温を調整する方法もチェック

給油中はエンジンを切ることが大切であることがわかりましたが、夏場や冬場などはどのように車内気温を調整したらいいのでしょうか。特に夏場などは赤ちゃんや幼児などがいる場合、短期間でも熱中症になってしまう危険性もあります。

給油中で車のエンジンを切っているときは、ACCの位置でエアコンを使うようにしましょう。若干エアコンの効きが悪くなるかもしれませんが、熱中症の心配があるときは上手に活用しましょう。

トラブルを防ぐためにもガソリンを入れる時はエンジンを切ろう

この記事では、給油中のエンジンについて詳しく解説しました。ガソリンに静電気の火花などが引火すると火災が起こったり車が爆発したりするリスクもあるので、給油中は車のエンジンを切りましょう。

また、給油前には静電気除去シートなどに触れて静電気を逃したり、給油中は車の窓やドアを閉めたりするなど給油前後にも注意が必要です。トラブルを防ぐためにも給油中はエンジンを切るように心がけましょう。

レンタカーを借りた際のガソリンについては、「【利用前に必ず確認】レンタカーの返却時はガソリン満タン?返却時のルールとガソリン代の節約方法を解説!」の記事もご参考ください。

格安レンタカーならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

 

レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップで、格安でレンタカーを借りることができます。

料金 1日:4,400円~
2日:8,800円~
3日:13,200円~
1週間:8,800円~
店舗一覧

大阪府:大阪西区店大東住道店大阪本店堺西店大阪羽曳野店摂津高槻店関西空港店東大阪店十三塚本店
京都府:京都伏見店
兵庫県:兵庫尼崎店兵庫伊丹店兵庫西宮店
奈良県:奈良大和郡山店
三重県:三重桑名店
北海道:北海道江別店
沖縄:沖縄豊見城店
【カルノリレンタカープレミアム】
沖縄県:沖縄那覇空港店

車種ラインナップ 軽自動車:4人乗り
コンパクトカー:4~5人乗り
ファミリーカー:7~8人乗り
営業時間 10:00~19:00 ※一部店舗によって異なる
特徴 ・業界最安値
・保険付き
・スピード対応
・LINEで簡単に問合せ可能

※料金は全て税込表記

 

カルノリレンタカーの最大の魅力は、業界でもトップクラスの価格の安さです。1日貸し出しも格安の設定ですが、1週間や1ヶ月といった中〜長期での貸し出し価格はさらに安さが際立ちます。

 

ウィークリープランやマンスリープランでの貸し出しも行っており、一般的なレンタカー会社の3〜4倍安い金額を実現しています。

 

カルノリレンタカー店舗情報一覧

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

お問い合わせはこちらから
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください