カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

レンタカーで保険に入るべき?入るべき理由と注意点・実際の料金を解説

レンタカーを利用するとき、自動車保険への加入が必要になります。しかし、自賠責保険は加入が義務付けられている一方で、任意保険は必要ないと思っている方も多いのではないでしょうか。

結論、自動車保険では任意保険にも加入すべきです。

万が一に備えるオプションに加入することで、大きなトラブルを回避できるケースは往々にしてあります。レンタカーで保険に入る理由と注意点や料金、免責について詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

レンタカーでは保険に入るべき?入らない場合のリスクを解説

自動車保険には「自賠責保険」「任意保険」の二つがあります。レンタカー会社に対して加入が義務付けられているためどちらも利用料金に含まれていますが、事故が発生した場合は利用者にも支払い義務が生じます。そこで発生する支払いを補償するのが、レンタカーを借りる際にオプションで付ける保険です。

「わざわざオプションの保険にまで入らなくてもいい」と考えてしまう利用者は多いですが、レンタカーは普段運転している車ではないので事故も起きやすいです。事故の際の高額請求を考えると、やはり加入すべきと言えるでしょう。

入らないことのリスクとして、自損事故だけが原因ではなく、もらい事故や当て逃げなどでも負担が発生してしまうことが挙げられます。知らない間に傷がついてしまった場合などは、利用料金内の保険では補償内容に当てはまらない場合も多いのです。

レンタカーを借りる際にオプションの保険に加入することで、補償内容が分厚くなります。「自分は大丈夫」「ちょっとだけだから」が、意外な出費に繋がることもあるため、必ず保険にはオプションも含めて加入しましょう。

失敗しないために!レンタカーで保険に加入する際の注意点

 

レンタカー会社には保険加入が義務付けられていますが、それらはオプションの保険とは何が違うのでしょうか。結論として、あくまで定められた原則として「義務付け」られている事柄であるため、皆さんが想定する保険よりも補償範囲がかなり狭いことが多々あり注意が必要です。

1.補償内容・範囲を確認しよう

レンタカー会社に義務付けられている自動車保険は、対人賠償一人あたり8,000円以上、対物賠償一人あたり200万円以上、搭乗者補償一人あたり500万円以上です。レンタカー会社によっては対人・対物賠償が無制限の場合もありますが、レンタカー会社によって異なります。

実際の自家用車の保険として個人で加入する一般的な保険と補償内容を比較すると、決して十分ではありません。そのため、事故が発生した場合補償内容を超える不足分は自己負担となってしまいます

2.免責金額を確認しよう

先ほど、事故等の補償は保険会社が全てを負担してくれるわけではないと説明しましたが、保険会社が負担してくれず利用者に発生する支払い金額が「免責」と呼ばれるものです。免責とは、利用者が負担することになる事故等の補償金のことで、自己負担額である「免責」は基本的には発生してしまいます。

例えば、保険金が100万円支払われた場合でも、5万円程度は自分で負担する必要が出てきます。ここで、免責0オプションとして、事前に1,000円ほど負担することで免責発生時にその金額を0円にできるオプションを設けているレンタカー会社もあります。

しかしながら、このオプションは【21歳未満、免許証取得1年未満】では利用できないことが多いので注意しましょう。

3.ノンオペレーションチャージ(NOC)がかかる

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは、レンタカーを利用した際の不注意からなる事故、故障、盗難、内装の汚れや臭いなどで、一定期間車を貸し出すことができない休業期間が発生した場合の営業補償のことを指します。簡単に説明すると、「本来なら他人に貸せた分の支払い」です。

ノンオペレーションチャージ(NOC)がかかると、基本的に保険等で負担することはできず全額自己負担となります。多くのレンタカー会社では返却時の状態で金額が定められていて、走行可能の場合のNOCが2万円〜3万円、走行不可能の場合のNOCが5万円程度かかります。

これらはレンタカー会社に払うことになり、免責とは別に自己負担することになる金額です。500円〜1,000円払うことで、ノンオペレーションチャージ(NOC)が免除されるオプションもあるので、必ず確認をしましょう。

4.運転者が複数人いる場合は人数分の保険が必要?

レンタカーを利用する際は、1人が運転するわけではないケースがあります。長い距離を運転する場合などで途中で運転者を交代するためには、事前にレンタカー会社に運転する可能性のある全員分の免許証の提示が必要です。その場にいないメンバーがいても、コピーを提示する必要があります。

ここで、そもそも複数人がレンタカーを借りることは可能かどうかについてですが、申告すれば問題ないことがほとんどです。長距離では適度なドライバー交代も必要でしょう。

運転者は保険に加入しておくことが必要ですが、借受人が契約時に保険に加入していることで補償の対象になります。注意点として、運転者を偽って報告すると保険が失効し、虚偽の連絡は犯人隠避罪や偽証罪など重罪に問われる場合があります。当然ではありますが、虚偽申告をせずきちんと報告をしましょう。

クレジットカード使用可能?支払い方法も確認しておこう!

レンタカーのオプションで保険加入した場合、クレジットカード払いを選択できるでしょうか。カード払いを選択できるかどうかは、お使いのクレジットカードに保険代を支払うことができるかを確認する必要があります。

カード枠内で保険を支払うことができるかは、クレジットカードの種類によって異なります。また、自動車保険を分割払いに設定したとしても、2回、3回、6回と設定されることもあります。

さらに、引き落とし日に注意をしておくことも大切です。

【料金・免責金額比較】レンタカーの保険料はどれくらい?

保険料 免責金額 補償範囲
カルノリレンタカー 1,100円〜 5万円

5万円

5万円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:3,000万円

タイムズレンタカー 1,100円〜 0円

5万円

5万円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:3,000万円

オリックスレンタカー 880円〜 0円

0円

0円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:3,000万円

トヨタレンタカー 1,650円〜 0円

5万円

5万円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:3,000万円

ニッポンレンタカー 660円〜 0円

5万円

5万円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:5,000万円

ニコニコレンタカー 1,100円〜 0円

5万円

5万円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:3,000万円

ガッツレンタカー 1,100円〜 5万円

5万円

5万円

対人:無制限

対物:無制限

車両:時価額

人身:3,000万円

※ 料金は税込になります

レンタカー会社により、保険料金に含まれるノンオペレーションチャージ(NOC)が免除されない場合があります。

免責について不明な場合は、各レンタカー会社のオプションを参考に計算する必要があるでしょう。複数人いる場合には人数に決まりがあるので、事前の確認が必要です。

レンタカー会社により、免責以外でノンオペレーションチャージ(NOC)がかかるため、各レンタカー会社を確認しておきましょう。

レンタカーの保険に関して知っておくべきこと

レンタカーの保険に関して知っておくべきことがいくつかあります。全ての保険が対象になるか、保険にさえ入っていれば大丈夫なのかなどについてです。

そこでここでは、どの部分がポイントになり適用されるのかについて見てみましょう。

1.自分が加入する保険は適用可能

レンタカー会社で加入している保険のほか、自身が個人的に加入する保険を適用することが可能な場合があります。補償が充実している場合には便利に活用できます。

ただし、必ずしも全ての保険が適用可能ではなく、自分の保険に他車運転特約が付帯している必要があります。

他車運転特約とは任意保険の中の、対人・対物補償サービスです。他車運転特約が付帯していない保険では補償を受けられないので注意しましょう。また、自分で加入している保険を使用する際の補償は運転中のみなので、停車中・駐車中では利用できません。

さらに、保険料の支払いがされた場合は、翌年の等級が下がる点も覚えておきましょう。

2.ロードサービスはレンタカー対象外!

たとえ自分の任意保険を使っても、付帯しているロードサービスはレンタカー対象外です。

もし仮に事故を起こしてしまった場合、必ずレンタカー会社に連絡をして、まずはレンタカー会社の指示を待ちましょう。大抵の場合はロードサービスはJAFを利用することになりますので、事前にJAFの有料会員などに会員登録をしておくことは有効です。

3.コンビニの1日自動車保険はレンタカー対象外!

レンタカーをわずかな期間使用する目的で、手軽に入れるコンビニの1日自動車保険に入っても利用することはできません。車のナンバープレートの日本語表記、ひらがなで「れ」「わ」の法人番号の場合、レンタカーで補償を受けることができません。コンビニの1日自動車保険は、あくまで個人間のカーシェアリングのみで利用可能です。

運転者以外で利用でき、簡単かつ補償が充実していて手軽に加入できても、レンタカーでは使えないことを覚えておきましょう。

レンタカーの保険に入るべき人はこんな人!

レンタカーの保険は、基本的には全員入るようにしましょう。その中でも特に以下の方は、必ず入るべきと言えます。

1.免許取得1年未満の初心者

レンタカーを借りるとなると、免許取得からまだ間もない1年未満の初心者の方にとって不安は多くあるでしょう。他に同乗者がいればなおさらです。レンタカーを借りるなら安全を考慮し、保険に加入することをおすすめします。

2.運転が久しぶりな人

車の運転が久しぶりな方は、普段乗り慣れていないレンタカーに乗ることで感覚が掴みにくいことが多いです。自分自身では大丈夫なつもりでも実は感覚が鈍っていることもあるため、安全を考慮してぜひ保険に加入しておくべきです。

3.普段乗っている車のサイズと異なる車を運転する人

普段から運転に慣れているとしても、サイズの違ったレンタカーに乗ることで、感覚が掴めないこともあり得ます。普段の慣れとは違った緊張感も生まれるため、保険に加入しておくと不安感が払拭されるでしょう。

4.長距離を運転する人

レンタカーで長距離を運転する場合、どうしても事故のリスクは上がってしまいます。また、飛石等の防ぎようのないリスクもあるため、長距離運転には保険加入が必要です。

レンタカーを借りる際は保険に入ろう!

今回の記事はレンタカーの保険加入についてでしたが、参考になりましたでしょうか。万が一事故が起こってしまってからでは遅いので、基本的には保険には加入すべきです。

対物・対人・搭乗者の全てが対象になるのが保険加入になります。「自分は大丈夫」「近くだし短時間だから問題ない」と思っている時に限って事故は発生しますので、レンタカーを借りる際には原則オプションで保険に加入しておきましょう。

長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

関西で長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップです。カルノリレンタカーは現在以下の8店舗で営業しています。

【大阪府】
大阪西区店
大東住道店
大阪本店
堺西店

【京都府】
京都伏見店

【兵庫県】
兵庫伊丹店

【奈良県】
奈良大和郡山店

【三重県】
三重桑名店

カルノリレンタカーの特徴は以下の通りです。

  • 軽自動車や軽トラックであれば圧倒的な低価格でレンタカーを借りることができる
  • 1日のプランだけではなく、1週間~1ヶ月と中長期でレンタカーを借りたい方向けのプランも用意している
  • 手続きが簡単にでき、当日でも借りることができる
  • 法人様限定のお得なプランも用意してある
  • レンタカーの品質やサービスが良く、多くのお客様から高い評価を受けている

ただ安いだけのレンタカー会社なら他にもありますが、カルノリレンタカーは低価格でありながら高品質なので非常に高い評価を得ています。実際に口コミでも、車の品質だけでなくスタッフの対応への満足度も高く好評です。

個人の方でも法人の方でも簡単に車を借りることができるので、長期レンタカーを借りようと思っている方はカルノリレンタカーで車を借りてみてください。

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

お問い合わせはこちらから
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太カルノリレンタカー株式会社 代表取締役
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください