カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

【知っておきたい】車がガス欠したらどうする?対処法や予防策など詳しく解説

運転中に燃料残量警告灯が点灯したら、なるべく早くガソリンスタンドに向かい給油する必要があります。しかし、中にはあと少しなら大丈夫だろうと運転を続け、ガス欠になってしまった経験がある方もいるかもしれません。

ガス欠になると焦ってしまい、どのような対処をするべきかわからなくなってしまうこともあります。

そこで、この記事では以下のことについて解説します。

  • 車がガス欠したときの対処法
  • ガス欠になる前の車の症状
  • ガス欠にならないための予防策

ガス欠になった際の対処法や予防策などが気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

車がガス欠する前に起こる症状

一般的に、ガス欠が起こる前には車に何かしらの症状が現れます。

  • 車のスピードが出ない
  • エンストを起こす
  • エンジンやマフラーから異音がする

上記のような症状が出たら、ガス欠するかもしれないので注意が必要です。それぞれ詳しくみていきましょう。

症状1.車のスピードが出ない

ガス欠が起こる前には、車のスピードが出なくなることがあります。

車のエンジンにはガソリンとディーゼルがありますが、どちらも十分な量がないと、加速させるための動力が生み出されません。そのため、アクセルペダルを踏んだとしても車のスピードが出なくなります。

スピードが出ないと感じたらガス欠が起こる前の症状かもしれないため、注意しましょう。

症状2.エンストを起こす

ガソリンやディーゼルが少なくなると、燃料がうまく供給されずにエンジンが停止してしまう恐れがあります。

アクセルを踏んでもスピードが出ず、縦揺れのような振動を座席で感じた直後、車が止まってしまうかもしれません。また、エンストを起こしてしまうと再びエンジンを入れ直しても車は動かないので注意が必要です。

頻繁にエンストが起こったり平地でエンストを起こしたりする場合は、ガス欠直前の可能性があるので気を付けましょう。

症状3.エンジンやマフラーから異音がする

エンジンを安定して回転させるために、ガソリンやディーゼルは適切な量が必要です。しかし、燃料が少ないとエンジンへ送り込む量が安定しないため、不完全燃焼を起こします。

ガス欠が起こりそうになると、エンジンから異音がしたり振動を感じたりするようになるでしょう。また、車種によって異なりますが、乾いた音がしたり車が小刻みに揺れたりすることもあるかもしれません。

マフラーからも異音や振動が起こることもあり、その後停車してしまう恐れがあります。

車から聞こえてくる音が変だったり、いつも違う振動が起こったりするときは、ガス欠寸前かもしれないので注意しましょう。

車がガス欠したときの対応方法

走っている途中で急に車が停まり、ガス欠を起こしてしまったら、焦らずに対応することが大切です。ここではガス欠を起こしてしまったときの対応方法について解説します。

  • 車を安全なところに停める
  • 保険会社やロードサービスに連絡する
  • JAF加入者なら無料で対応してもらえる
  • 最寄りの整備工場などに連絡を入れる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

対応方法1.車は安全なところに停める

ガス欠が起きてしまったら、後続車に迷惑がかからないようにザードを点滅させながら車を安全なところに移動させましょう。その後、周囲の安全を確認し、三角板や発煙筒などを使用し後続車に停車していることを伝えます。

高速道路では道路に人が出ていることを意識して走行しているドライバーは少ないため、外に出る際は特に気を付けましょう。

対応方法2.保険会社やロードサービスに連絡する

車を安全なところに停めたら保険会社かロードサービスに連絡しましょう。サービスカーが駆けつけてくれて燃料を補給してくれるので、一番確実な方法といえます。

ただし、保険会社付帯のロードサービスだと無料で行える給油回数や燃料に限りがあったり、有料であったりすることもあるので、事前に確認しておくと安心です。

レンタカーを借りた際の保険会社については、「レンタカーで保険に入るべき?入るべき理由と注意点・実際の料金を解説」の記事もおすすめです。

対応方法3.JAF加入者なら無料で対応してもらえる

一般社団法人日本自動車連盟「JAF」に加入している方であれば、無料でロードサービスを利用することができます。JAFであれば、24時間365日いつでもどこでも駆けつけてくれるので安心です。

また、ロードサービス以外にもタイヤのパンク修理やぬかるみからの引き上げなども行ってくれるので、万が一のトラブルに備えて加入することも良いかもしれません。

JAFに入っていなくても利用はできる

JAFのロードサービスを受けたい場合、加入していない非会員でも利用することができます。ただし、非会員だと有料になるので注意が必要です。

朝8時から夜20時までの間にガス欠を起こしてしまった場合は、基本料金8,380円(税込)がかかり、それに加え燃料費が実費でかかります。夜間であれば夜間料金が、高速道路であればJAF車両の高速料金がプラスされます。

JAFの非会員が利用すると費用が高くなることもあるので、事前にかかる料金を確認してから利用するのがおすすめです。

最寄りの整備工場などに連絡を入れるのも〇

停車した近くに整備工場やガソリンスタンドがある場合は、連絡して燃料を補給してもらうのもひとつの対応方法です。

また、自宅や知り合いの家の近くであれば家族や知り合いに連絡し、携行缶で燃料を運んでもらうのも選択肢としてあります。ただし、ガソリンスタンドでは、スタッフが携行缶に燃料を入れることが義務付けられているうえ、本人確認や使用目的の確認などが必須になるので、覚えておきましょう。

 

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

ガス欠にならないための予防策もチェック

ガス欠にならないためにも、日ごろからガス欠を防ぐ行動をすることも大切です。

  • 燃料残量警告灯が点いたら給油する
  • こまめにガソリンを給油する
  • 燃費を抑える走り方をする
  • 携帯缶を積んでおく

それぞれ詳しく見ていきましょう。

チェック1.燃料残量警告灯が点いたら給油する

一般的に車には燃料残量警告灯が装備されています。燃料が一定量より少なくなると点灯するため、このマークを基にガソリンを給油している方もいるのではないでしょうか。

燃料残量警告灯が点灯しても、すぐにガソリンがなくなり走行できなくなることはありませんが、このマークが点灯したらガソリンスタンドを探し、給油するように心がけましょう。

チェック2.こまめにガソリンを給油する

ガス欠にならないためにも、ガソリンはこまめに給油するようにしましょう。燃料残量警告灯が点いてから、給油する方もいるかもしれませんが、予期せぬ渋滞などでガソリンスタンドが見つからないときなどもあります。

ギリギリまで減らさずに、こまめにガソリンを給油するようにしましょう。

ガソリンの給油については、「【知ってた?】ガソリンを入れる時エンジンはどうする?切らないと爆発する?給油時の注意点とは」の記事もおすすめです。

チェック3.燃費を抑える走り方をする

燃料残量警告ランプが点灯したら、速やかにガソリンスタンドで給油する必要がありますが、ガソリンスタンドが見つからないときもあります。

そのようなときは、燃費を抑える走り方をしましょう。たとえば、ゆっくりとアクセルを踏んだり、走行中は一定のスピードを維持したりすることがおすすめです。

また、エアコンは切っておく方がガソリンを消費しにくいので、ガソリンスタンドに入るまでは切っておきましょう。

チェック4.携行缶を積んでおくのも〇

ガソリンスタンドがあまりない場所などに行く場合は、車に携行缶を積んでおくこともおすすめです。携行缶を積んでいたら、万が一ガス欠になってしまっても、速やかに対応することができるでしょう。

ただし、携行缶にガソリンを入れっぱなしにしておくことは危険なので常に車に積んでおくことはNGです。また、ドライバーがガソリンを缶に詰めることはできないので、セルフ式ガソリンスタンドではなく、フルサービスのガソリンスタンドに行くようにしましょう。

ガス欠を繰り返し起こすと車に悪影響がある

給油することを怠らなければ、ガス欠を起こす可能性は低いでしょう。しかし、給油を怠りガス欠を何度も繰り返してしまうと、車に悪影響を与える恐れがあります。

たとえば、ガソリンタンクから燃料を供給する料ポンプのモーターが壊れたり、エンジンをかけるときに動くバッテリーが摩耗したりすることがあります。

また、車種によってはシリンダー内に設置されているインジェクターノズルを傷めてしまう可能性もあります。ガス欠は車にも悪影響があるので、ガソリンの残量を確認しこまめに給油するように心がけましょう。

高速道路でガス欠になると違反扱いになる

意外と知られていませんが、高速道路でガス欠になってしまうと違反扱いになります。車種によって罰金は異なりますが、下記の罰金対象になります。

  • 大型車・中古車:12,000円の罰金
  • 普通車:9,000円の罰金
  • 自動二輪車:7,000円の罰金

また、不注意からのガス欠だと危険行為にあたる可能性があるため、違反点数2点引かれることもあります。

高速道路には、50kmおきにガソリンスタンドが設置されているので、ガソリンがなくなりそうになったら給油するようにしましょう。

車がガス欠しないようにこまめに給油してカーライフを楽しもう

この記事では、ガス欠になってしまったときの対処法や予防策などについて解説しました。

ガス欠になると、保険会社やロードサービスに連絡して対応してもらう必要があるため、ドライブが楽しくなくなる可能性があります。

また、車にも悪影響を与えることがあるので、燃料残量警告灯が点いた時点でガソリンスタンドでガソリンを給油するように心がけましょう。

長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

関西で長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップです。カルノリレンタカーは現在以下の11店舗で営業しています。

【大阪府】
大阪西区店
大東住道店
大阪本店
堺西店
大阪羽曳野店
大阪摂津店

【京都府】
京都伏見店

【兵庫県】
兵庫伊丹店
兵庫西宮店

【奈良県】
奈良大和郡山店

【三重県】
三重桑名店

また、今後沖縄・那覇空港にカルノリレンタカープレミアムもオープン予定ですよ。

カルノリレンタカーの特徴は以下の通りです。

  • 軽自動車や軽トラックであれば圧倒的な低価格でレンタカーを借りることができる
  • 1日のプランだけではなく、1週間~1ヶ月と中長期でレンタカーを借りたい方向けのプランも用意している
  • 手続きが簡単にでき、当日でも借りることができる
  • 法人様限定のお得なプランも用意してある
  • レンタカーの品質やサービスが良く、多くのお客様から高い評価を受けている

ただ安いだけのレンタカー会社なら他にもありますが、カルノリレンタカーは低価格でありながら高品質なので非常に高い評価を得ています。実際に口コミでも、車の品質だけでなくスタッフの対応への満足度も高く好評です。

個人の方でも法人の方でも簡単に車を借りることができるので、長期レンタカーを借りようと思っている方はカルノリレンタカーで車を借りてみてください。

 

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

お問い合わせはこちらから
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太カルノリレンタカー株式会社 代表取締役店長
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください