カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

レンタカーを3ヶ月利用する際に失敗しない方法は?長期レンタカーと短期カーリースを徹底比較

短期出張などで、3ヶ月間だけ車が必要になり、レンタカーとカーリースの料金や特徴を比較しようとしている方はいるかと思います。この記事では、長期レンタカーと短期カーリースのどちらがお得なのか説明します。具体的には、下記の項目について説明します。

  • 長期レンタカーと短期カーリースを3ヶ月使用した場合の料金比較
  • 長期レンタカーと短期カーリースの特徴の違い
  • 長期レンタカーと短期カーリースをおすすめの人
  • 長期レンタカーのおすすめ業者
  • 長期レンタカーを利用する際の注意点

この記事を読めば、あなたにとってお得で目的にあったレンタカー会社が分かります。

3ヶ月車を借りるなら方法は大きく分けて2つ

長期レンタカーを利用する

長期レンタカーを利用すれば、3ヶ月間車を借りることが可能です。ただし、大手レンタカー会社ではレンタル料金が高額になってしまいます。そこで、マンスリーやウィークリープランが用意されている格安レンタカー会社はかなり安く利用できるので、上手く活用しましょう。

短期カーリースを利用する

カーリースは、車を一定期間、定額料金で利用できるサービスです。頭金も無料で、税金やメンテナンスなどの料金も含まれているので、資金計画もしやすく、手軽に新車に乗れるという特徴があります。特に最近では、若者を中心に利用者が増えています。

【料金徹底比較】長期レンタカーと短期カーリースは3ヶ月でいくらかかる?


3ヶ月の利用の場合、長期レンタカーと短期カーリースではどちらがお得になるのでしょうか?結論としては、「3ヶ月を境目にそれより短ければ長期レンタカー、長ければ短期カーリースがお得になる」というのが一般的です。なぜそのようになるのか、計算方法なども含めて説明します。

1.初期費用で比較

長期レンタカーは初期費用が利用料金に含まれており、かかりません。しかし、短期カーリースの場合は、会社によって初期費用がかかります。短期カーリースにかかる主な初期費用に関しては下記の表にまとめます。

表1-1. 短期カーリースの初期費用比較(軽自動車クラス)

費用名 費用
ワンコインリース 名義変更費用 38,000円
ニコリース 車検取得・車両整備 26,000円〜(1ヶ月分)

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

2.1ヶ月あたりの料金で比較

マンスリープランのあるレンタカー会社にて1ヶ月・3ヶ月利用した場合、発生する費用を下表にまとめます。

表2-1. 長期レンタカーの利用料金比較(軽自動車クラス)

レンタカー会社 1ヶ月の利用料金 3ヶ月の利用料金 プラン名
カルノリレンタカー 24,000円 72,000円 A-Class
業務レンタカー 27,000円 81,000円 A-1クラス
ニコニコレンタカー 70,000円 210,000円 Kクラス

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

次に、代表的な短期カーリースの1ヶ月・3ヶ月の利用料金を下表にまとめます。

表2-2. 短期カーリースの利用料金比較(軽自動車クラス)

カーリース会社 1ヶ月の利用料金 3ヶ月の利用料金 車型
ワンコインリース 15,000円 45,000円 軽自動車
ニコリース 26,000円 78,000円 軽自動車

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

これらの結果から、初期費用を合わせた3ヶ月の利用料金の合計金額は、下記のようになります。

表2-3. 長期レンタカーと短期カーリースの3ヶ月の利用料金比較

種類 会社 初期費用 3ヶ月の利用料金 合計金額
長期レンタカー カルノリレンタカー 0円 72,000円 72,000円
業務レンタカー 81,000円 81,000円
ニコニコレンタカー 210,000円 210,000円
短期カーリース ワンコインリース 38,000円 45,000円 83,000円
ニコリース 26,000円 78,000円 104,000円

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

この表からもわかるように、料金の面では長期レンタカーも短期カーリースも大差がありません。ただし、この差は3ヶ月で比較しているからで、4ヶ月以降になると月々の利用料金が安い短期カーリースが有利になります。逆に、2ヶ月以内なら初期費用のかからない長期レンタカーが有利です。

価格では違いがありませんでしたが、特徴についてはどうでしょうか?次の章からは、特徴の違いに着目して比較していきます。

【特徴一括比較】長期レンタカーと短期カーリースはどのような違いがある?

長期レンタカーと短期カーリースでは、3ヶ月の利用料金には違いがないことが分かったかと思います。料金以外には、利用にあたって違いはどのようなものがあるのでしょうか?以下の表に、それぞれの違いについてまとめます。

表3-1. 長期レンタカーと短期カーリースの特徴比較表

長期レンタカー 短期カーリース 備考
料金(3ヶ月) 表2-3」参照
契約期間 【長期レンタカー】

細かな調整が可能

【短期カーリース】

契約延長に手数料がかかる

保険 【長期レンタカー】

任意保険込みの料金

【短期カーリース】

任意保険は別途必要

手続きの手間 【長期レンタカー】

車庫証明は不要

【短期カーリース】

与信審査・車庫証明が必要

車の状態 【長期レンタカー】

中古車が一般的

【短期カーリース】

新車もある

走行距離 どちらも期間に応じた走行距離規定あり。

1ヶ月で2,500~3,000kmを超えると超過料金が発生

オプション 【長期レンタカー】

1日単位でかかる

【短期カーリース】

月単位のため割安

ナンバープレート × 【長期レンタカー】

「わ」「れ」ナンバー

【短期カーリース】

一般ナンバー

※2022年8月時点
※「表2-3」に挙げた会社を対象としています。

長期レンタカー・短期カーリースがそれぞれおすすめな人は?

3ヶ月の料金と特徴について比較しましたが、それぞれどのような目的で選ばれるのでしょうか?ここからは、長期レンタカーと短期カーリースがおすすめする人を紹介します。

長期レンタカーがおすすめな人

1.すぐに車が必要な人

長期レンタカーは、空いている車があれば、短時間で手続きが完了します。短期カーリースは、与信審査や車庫証明が必要なため、1~4日はかかってしまいます。従って、すぐに車が必要な人は長期レンタカーがおすすめです。

2.駐車場がない人

短期カーリースは、車庫証明が必要になるため、自宅近くに車両を保管できる駐車場が必要になります。長期レンタカーは、車庫証明は必要がないため、自宅の距離とは関係なくどこかの駐車場に停めておけます。従って、駐車場がない人はそもそも短期カーリースの契約ができません

3.利用期間が定まっていない人

長期レンタカーは、ウィークリーや1日単位など様々な料金設定があるので、1日単位で柔軟なプランを組めます。従って、利用開始は決まっていて、利用終了をいつまでにするか決まっていない人でも利用することができます。

短期カーリースがおすすめな人

1.3ヶ月以上利用する可能性がある人

表2-3」でもまとめましたが、月々の利用料金は長期レンタカーに比べて短期カーリースがお得になります。従って、初期費用を考慮しても、3ヶ月以上利用する場合は短期レンタカーの方が合計金額が安くなります。

2.一般車のナンバープレートが必要な人

レンタカーでは、「わ」や「れ」といった特殊なナンバープレートになります。しかし、社用車としての代車など、信用面の問題でこういったナンバーの車を利用できない場合は、一般ナンバーが使用できる短期カーリースを選ぶ必要があります。

3.好きな車種を選びたい

カーリースは新車もあり、レンタカーに比べると車種も豊富であるため、車種を選びたい人にとっては短期カーリースがおすすめです。

おすすめは長期レンタカー!おすすめ業者をご紹介


ここでは、3ヶ月レンタルにおすすめな長期レンタカーをご紹介します。

1.カルノリレンタカー

引用元:カルノリレンタカー公式HP

料金 1日:4,000円~

1週間:8,000円~

1ヶ月:24,000円~

3ヶ月:72,000円〜

保有台数・車種 所有台数100台以上

主に軽自動車、軽トラック

店舗数 8店舗:大阪・兵庫・京都・奈良・三重
基本保険料 料金に保険料を含む

※一部お客様にご負担いただく費用がございます。

オプション ETC車載機:2,200円(1ヶ月)

カーナビ:2,200円(1ヶ月)

スタッドレスタイヤ:6,600円(1ヶ月)

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

カルノリレンタカーは、レンタカーの中では最も月額料金が安いレンタカー会社です。プランも1日から1ヶ月まで細かく設定があるため選びやすく、コストパフォーマンスにこだわりたい人にはおすすめです。

2.業務レンタカー

引用元:業務レンタカー公式HP

料金 1日:4,000円~

1週間:8,000円~

1ヶ月:70,000円~

3ヶ月:210,000円〜

保有台数・車種 軽自動車からコンパクトカーまで豊富なバリエーション
店舗数 全国47都道府県に1,500店舗
基本保険料 基本的な補償はレンタル料金に含まれる

※選べる補償あり

オプション カーナビ:5,500円(1ヶ月)

チャイルドシート:5,500円(1ヶ月)

ETCカードレンタル:330円(1回)

スタッドレスタイヤ:2,200~3,300円/72時間

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

業務レンタカーは1週間以上のレンタルがお得になっており、日割りにすると880円(税抜き)で利用できます。また、ETCを全車種に標準搭載しており、高速利用の場合にも安心です。

3.ニコニコレンタカー

引用元:ニコニコレンタカー公式HP

料金 1日:4,000円~

1週間:8,000円~

1ヶ月:70,000円~

3ヶ月:210,000円〜

保有台数・車種 軽自動車からコンパクトカーまで豊富なバリエーション
店舗数 1,500店舗:北海道・沖縄を含む全国47都道府県
基本保険料 基本的な補償はレンタル料金に含まれる

※選べる補償あり

オプション カーナビ:5,500円(1ヶ月)

チャイルドシート:5,500円(1ヶ月)

ETCカードレンタル:330円(1回)

スタッドレスタイヤ:2,200~3,300円/72時間

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

ニコニコレンタカーは、軽自動車・ミニバン・トラックなど、車種のラインナップが豊富なレンタカー会社です。ガソリンスタンドや車両整備工場などが運営していることが多く、車に対する知識が豊富なスタッフが多いため安心です。そういった設備を間借りしているため、価格も比較的安く、お得に利用できます。

4.トヨタレンタカー

引用元:トヨタレンタカー公式HP

料金 ~3時間:3,500円~

~12時間:5,000円~

~24時間:6,500円~

以後24時間:5,500円~

超過料金/1時間:1,000円~

1ヶ月:97,500円

3ヶ月:292,500円

保有台数・車種 所有台数約120,000台

軽自動車からコンパクトカー、バスまで豊富なバリエーション

店舗数 全国47都道府県に1,200店舗
基本保険料 基本的な補償はレンタル料金に含まれる

※選べる補償あり

オプション カーナビ:無料

ETC:無料

ETCカード貸出サービス:330円

JAF会員証貸出サービス:550円/1回

4WD(駆動輪):1,650~2,750円/24時間まで

チャイルドシート:550円/72時間まで

キャリア(スキー・スノーボード)、スタッドレスタイヤ、タイヤチェーン、ブルーシート、幌、ロープ、台車:店舗によって料金が異なる

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

トヨタレンタカーは、トヨタ車を専門とするレンタカー会社です。乗り捨てサービスを用意しており、長期出張の片道走行などで利用する場合にもおすすめです。北海道以外では同一県内での乗り捨てが無料なので、近場で乗り捨てをしたい場合にはお得になります。

5.オリックスレンタカー

引用元:オリックスレンタカー公式HP

料金 ~12時間:4,500円~

~24時間:6,000円~

追加1日:4,500円~

超過料金/1時間:1,100円~

1ヶ月:140,000円

3ヶ月:470,000円

保有台数・車種 所有台数約63,000台

軽自動車からコンパクトカー、バスまで豊富なバリエーション

店舗数 全国47都道府県に1,000店舗
基本保険料 基本的な補償はレンタル料金に含まれる

※選べる補償あり

オプション カーナビ:無料

ETC:無料

ETCカード貸出サービス:330円

4WD(駆動輪):1,650円/24時間まで

チャイルドシート:1,100円

キャリア(スキー・スノーボード)、スタッドレスタイヤ、タイヤチェーン、ブルーシート、幌、ロープ、台車:店舗によって料金が異なる

※料金は全て税別表示
※2022年8月時点

オリックスレンタカーは、法人向けをメインとしたレンタカー会社です。店舗も車種も豊富なため、全国どこでも利用可能で、目的に応じた車種を選ぶことができます。乗り捨てサービスもあり、空港近くに店舗が多いので、空港とセットで利用する際にはおすすめです。

【知っておかないと損】長期レンタカーをする際の注意点!

長期レンタカーは簡単な手続きで借りられますが、免許取得から3ヶ月など、1年未満では契約できないことが多いなど注意が必要です。

他にも、下記のような点に注意しましょう。

  • 契約できるのは21歳~70歳の人
  • 運転歴が1年以上必要
  • 車内は原則禁煙
  • 事故を起こしてしまい、その損害金が補償額を上回った場合はその分を自己負担しなければならない
  • 事故を起こしても警察の事故証明をもらえなかった場合、保険金が支給されない可能性がある
  • 事故を起こしてしまっても保険契約の免責事項に当てはまると保険金が支給されない
  • 事故がレンタカー会社に責任がなく、修理が必要な場合休業補償を支払う必要がある
  • 駐車違反をしてしまったら反則金は自分で支払い、反則金納付書はレンタカー会社に提出しなければならない

まとめ:3ヶ月車を利用するなら長期レンタカー

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

3ヶ月間の利用に関しては、短期カーリースに比べて長期レンタカーの方がおすすめです。また、料金が安い業者は「カルノリレンタカー」です。利用には注意や制限がありますが、すぐに利用できる・駐車場が不要など、様々なメリットがあります。

必要な方は、ぜひ長期レンタカーの利用を検討しましょう。

長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

関西で中〜長期でのレンタカーを検討するなら、カルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップで、現在以下の8店舗で営業しています。

【大阪府】
大阪西区店
大東住道店
大阪本店
堺西店

【京都府】
京都伏見店

【奈良県】
奈良大和郡山店

【三重県】
三重桑名店

【兵庫県】
兵庫伊丹店

そんなカルノリレンタカーの特徴は、以下の通りです。

  • 軽自動車や軽トラックであれば圧倒的な低価格でレンタカーを借りることができる
  • 1日のプランだけではなく、1週間~1ヶ月と中長期でレンタカーを借りたい方向けのプランも用意している
  • 手続きが簡単にでき、当日でも借りることができる
  • 法人様限定のお得なプランも用意してある
  • レンタカーの品質やサービスが良く、多くのお客様から高い評価を受けている
  • ただ安いだけのレンタカー会社なら他にもあるが、カルノリレンタカーは低価格かつ高品質

個人の方でも法人の方でも簡単に車を借りることができるので、中〜長期でレンタカーを検討している方はカルノリレンタカーで車を借りてみてください。

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

中長期の格安レンタカーはコチラ
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太カルノリレンタカー株式会社 代表取締役
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください