カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

カーリースで後悔しないために!失敗しないためのポイントを紹介

自動車を自己保有したい場合、新車などを購入するだけでなく様々な方法があります。その1つにカーリースがあり、初期費用を抑えて自動車を保有可能です。

ただし、実際にカーリースを利用した方が後悔するケースも少なくなりません。では、カーリースを選択した場合、どのようなデメリットがあるでしょうか。

この記事では、カーリースで後悔しないためのポイントを紹介します。

カーリースはデメリットだらけ?カーリースにおける7つの失敗事例

カーリース

カーリースとは、契約を結んだ期間内は月々定額で乗れるプランのことです。自動車の保有権はカーリース会社にあるものの、まるでマイカーのように乗れる点が魅力的です。

一方で、カーリースではデメリットが少なからず存在します。主なカーリースを使用した場合の失敗事例として、以下があります。

  1. カスタマイズできない
  2. 事故で車両に傷を付けると修理費用がかかる
  3. 残価精算で想定外の支払いが発生する
  4. 車を購入した方がトータルコストとして安くなる場合がある
  5. 支出を無視して契約してしまい後から支払いに苦労する
  6. 利用制限のせいで自由に利用できない
  7. 中途解約により違約金が発生する

各失敗事例について、詳しく解説します。

1.カスタマイズできない

自動車をより快適に乗車するために、各種カスタマイズしたい場合があります。また、ドレスアップを目的としてカスタマイズすると、より個性を演出できたり走行性能を高める事が可能です。

ただし、カーリースの場合は自分自身に保有権はなく、カーリース会社に保有権があります。よって、勝手に自分好みの車両にカスタマイズはできません

例えば、車内にドリンクホルダーを設置する場合や純正パーツを取り付ける場合など、返却時に簡単に取り外し可能なパーツの場合は許可される場合があります。ただし、契約上で一切のカスタマイズが禁止されている場合も多く、カーリースは基本的にカスタマイズ不可であると認識しておくのが無難です

2.事故で車両に傷を付けると修理費用がかかる

自動車を運転する場合、常に事故が発生するリスクがつきまといます。自分自身の運転ミスによる事故発生だけでなく、もらい事故の形で事故に遭う可能性も否定できません。

事故に遭うと自動車にへこみが発生したり、傷が付いてしまいます。また、大きな事故になると廃車しなければならないケースもあります。

カーリースでは、基本的に事故発生時点では特に罰金などが発生することはありません。ただし、契約満了後に自動車を返却する場合、原状回復が必要になります。

原状回復とは、経年劣化などを除いて事故などで発生した傷などを修復して元の状態に戻す処置のことです。もちろん、修理費用については自己負担が必要となり、傷だけでなく社内の臭いや汚れも落として返却を求められる場合もあります。

3.残価精算で想定外の支払いが発生する

残価

カーリースでは、自分で自動車を購入して保有する場合と異なり、残価精算を見込んで契約しなければなりません。残価とは、カーリースの契約期間満了時の自動車の見なし査定価格を指し、残価精算とは残価が契約満了時の査定価格を下回った場合に差額を負担することです。

カーリースを利用する場合、月々の契約金だけを考えがちですが、場合によっては残価精算が発生して、思わぬ負担を強いられてしまいます。いざ残価精算が発生した場合、カーリースを利用して失敗したと感じてしまいがちです。

4.車を購入した方がトータルコストとして安くなる場合がある

カーリースを利用する主な目的として、初期費用をかけることなく利用できる点が挙げられます。自動車を購入した場合、ローンを組んだとしても少なからず頭金などの形で初期費用を負担しなければなりません。

その点、カーリースの場合は頭金がかかならい場合が多く、月々定額費用を支払う形で利用可能です。また、カーリースの場合はメンテナンス費用も定額費用に含まれているため、特に費用がかかりがちな車検費用も見込む必要がありません。

このように一見お得に感じるカーリースですが、長期的に利用していると逆に新車として購入した方がトータルコストが抑えられる場合があります。トータルコストを考えず、安易にカーリースを利用して最終的に多くの費用を負担する事実が発覚して、失敗したと感じる場合があります。

5.支出を無視して契約してしまい後から支払いに苦労する

カーリースでは、様々なオプション費用を付けられます。主なカーリースにおけるオプションとしては、以下のようなものがあります。

  • 買取オプション
  • メンテナンスオプション
  • カーナビオプション
  • ETCオプション
  • バックカメラオプション

オプションを付ければ、より快適にドライブを楽しむことが可能です。ただし、オプションを付けると月額費用が高くなってしまいがちです。収入に対して月額費用が占める割合が多くなると、家計が厳しくなる場合があります。

また、ワンランク上の車両を選択して月額費用が高価となり、支払いに苦労してしまうケースも見られます。

6.利用制限のせいで自由に利用できない

カーリースの場合、ドレスアップなどのカスタマイズに制限がかかる場合があると同時に、利用制限が設定される場合もあります。代表的な利用制限としては、月間の走行制限があります。

月間の走行制限とは、カーリース会社側から月の走行距離を制限される場合を指します。概ね、月間1,000Km前後を上限距離として、それ以上の走行を制限されてしまうのです。

もし、上限距離を超えて走行した場合は、超過金額が加算されてしまいます。なぜ制限距離が設定されるのかという理由は、自動車の価値を保つためです。

常に自動車を利用する方の場合、制限距離が原因で自由に自動車を利用できなかったり、超過金額が加算されて多くの負担を強いられてしまいます。

7.中途解約により違約金が発生する

カーリースで負担しなければならない月額料金は、契約時点で定めた期間にわたって利用されることを前提に算出されます。よって、基本的に契約期間途中の解約は行えません。

もし契約途中で解約する場合、違約金を負担しなければなりません。違約金は、残りのリース料金と残価の一括清算が実質的な負担額となり、多額が請求されます。

例えば、急に自動車を利用する必要がなくなったなどの理由であればまだしも、安易にカーリースを利用して契約解除すると思わぬ出費が必要になり後悔したと思いがちです。

カーリースで後悔しないために知っておくべき5つのポイント

カーリース

カーリースを利用する場合、後悔しないために主に以下5つのポイントを押さえておきましょう

  • カスタムは認められる場合もある
  • 車がもらえるオプションが利用できることもある
  • 同一車種でも利用するカーリース会社によって費用が異なる
  • オンライン申し込みのカーリースの場合は費用がお得な場合もある
  • 契約期間をしっかりと確認する

各ポイントについて、詳しく解説します。

カスタムは認められる場合もある

カーリースの失敗事例として、カスタマイズは基本的に認められていないと説明しました。ただし、すべてのカスタマイズが認められていないわけではなく、原状回復がすぐにできるカスタマイズは制限されないのが一般的です。

また、カーリース会社によっては契約期間を満了した時点でそのまま自己保有できるプランが用意されています。もし、買取プランで契約している場合、特にカスタマイズに制限は設けられません。

よって、カーリース会社としてどのような制約を設けているのかをよく確認した上で、契約する必要があります。

車がもらえるオプションが利用できることもある

カーリースの場合、基本的に契約満了した時点で車両を返却しなければなりません。ただし、先ほど紹介した通り契約満了になったらそのまま自動車をもらえるプランが用意されている場合が多いです。

長年契約しているリース車であれば、愛着が生まれる場合が多いため、そのままもらえるのは魅力的です。保有権を得た自動車については、廃車や売却にすることもできます。

車がもらえるオプションを付ければ、残価を気にする必要がなく、走行距離やカスタムに関する制限もなくなるため、より自由に利用できるメリットもあります。

同一車種でも利用するカーリース会社によって費用が異なる

車種

同じ車種をカーリースで利用したい場合でも、各カーリース会社によって月額費用は異なります。これは、各カーリース会社によって契約内容やサポート内容が異なるためです。

また、加入するオプションやプランによっても、当然費用が異なります。さらに、広告などで表示されている費用にはボーナス払いを含めている場合があり、それによってさらに費用に差が生まれるのです。

よりリーズナブルにカーリースを利用する場合、各カーリース会社の料金を比較して、より自分に合ったプランが安く利用できる会社を選ぶのがおすすめです。

オンライン申し込みのカーリースの場合は費用がお得な場合もあり

カーリース会社の多くが、最近ではオンライン申し込みの形でカーリースを募集しています。実店舗を持たない会社が多くなったことで、コストカットを図りよりリーズナブルな費用で利用可能です。

また、各カーリース会社ではオンライン申し込みで割引したり、時期限定のキャンペーンを実施しており、有効利用すればよりお得に利用できます。

契約期間をしっかりと確認する

カーリースでは、3年、5年、7年などの契約期間を設けている場合が多いです。もし、契約期間途中で解約する場合、高い違約金負担しなければなりません

よって、ライフプランに合った契約期間を設定するのがベターです。例えば、3年間の単身赴任により引っ越した先で自動車を利用したい場合、3年契約のプランを利用すれば無駄なく利用できます。

カーリースは結局おすすめ?

カーリース

ここまでは、カーリースで後悔する事例などを紹介してきましたが、結局カーリースはおすすめできるサービスなのでしょうか。ここでは、カーリースと長期レンタカーそれぞれにお得な人の特徴を紹介します。

カーリースがおすすめな人

カーリースがおすすめな人としては、自動車を自由に利用したい場合があります。例えば、子どもの学校送迎時や普段の買い物で利用するなど、普段使いしたい際に向いています。

また、自分好みの自動車に乗りたい場合もカーリースの方がおすすめです。レンタカーの場合、特にカラーリングはスタンダードなものが多い反面、カーリースであれば自分好みのカラーリングも選択できるメリットがあります。

長期レンタカーがおすすめな人

長期レンタカーは、すぐに契約して利用したい方に向いています。カーリースの場合、納車までに1週間以上かかるのが一般的な反面、レンタカーであればすぐに利用可能です。

また、長期レンタカーはイメージ的に費用が高くなると思われがちですが、実際にはレンタカー会社としては誰も借りていない空白期間がないため費用的にもリーズナブルに設定されています。実際に、カーリースよりもお得に利用できるケースもあります。

特に、カルノリレンタカーは低価格で長期レンタルできるのでおすすめです。以下の記事では、1ヶ月レンタカーを利用する場合の料金について詳しく解説しています。

長期レンタカー1ヶ月の料金は?マンスリーで借りる注意点やおすすめの会社

カーリースで後悔しないように事前リサーチを欠かさずおこなおう

カーリース

カーリースはお得な費用で自動車を利用できる場合がある反面、必ずしもお得にはならずに利用して後悔したと感じる場合があります。カーリースで後悔しないためにも、事前リサーチは欠かせません。

また、どのような用途でどの期間利用したいのかを明確にして、ニーズにマッチしたカーリース会社のプランを利用しましょう。

長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

関西で長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップです。カルノリレンタカーは現在以下の8店舗で営業しています。

【大阪府】
大阪西区店
大東住道店
大阪本店
堺西店

【京都府】
京都伏見店

【兵庫県】
兵庫伊丹店

【奈良県】
奈良大和郡山店

【三重県】
三重桑名店

カルノリレンタカーの特徴は以下の通りです。

  • 軽自動車や軽トラックであれば圧倒的な低価格でレンタカーを借りることができる
  • 1日のプランだけではなく、1週間~1ヶ月と中長期でレンタカーを借りたい方向けのプランも用意している
  • 手続きが簡単にでき、当日でも借りることができる
  • 法人様限定のお得なプランも用意してある
  • レンタカーの品質やサービスが良く、多くのお客様から高い評価を受けている

ただ安いだけのレンタカー会社なら他にもありますが、カルノリレンタカーは低価格でありながら高品質なので非常に高い評価を得ています。実際に口コミでも、車の品質だけでなくスタッフの対応への満足度も高く好評です。

個人の方でも法人の方でも簡単に車を借りることができるので、長期レンタカーを借りようと思っている方はカルノリレンタカーで車を借りてみてください。

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

お問い合わせはこちらから
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太カルノリレンタカー株式会社 代表取締役
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください