カルノリレンタカー 1日800円〜格安長期レンタカー専門店
マンスリー・ウィークリーの中長期利用なら当店へ!

近くの店舗を探して予約

【知らないと損】カーシェアとレンタカーを比較!5つの用途で徹底検証!

公共交通機関が発達している都市部では、地方のように車が必須とはいえません。そのため、自家用車を所有することは、必ずしもコストパフォーマンスが良いわけではありません。

車の維持費を抑える方法としては、複数の人間で車を共有するカーシェアと、専門の業者から借りるレンタカーがあります。どちらがお得なのか、5つの用途で検証してみました。

カーシェアとレンタカーのメリット・デメリットを比較しよう!

カーシェアとレンタカーには、それぞれメリットとデメリットがあります。いずれも一長一短で、どちらがお得かは利用状況によります。

両者にはどのようなメリットとデメリットが存在しているのか、簡単にまとめてみました。

レンタカーのメリット・デメリット

レンタカーのメリット・デメリットとして考えられるのは、以下の3点です。

  1. 安全かつ清潔な車に乗ることができる
  2. 利用できる車種が豊富
  3. 短時間の利用はコストパフォーマンスが悪い

レンタカーの場合は業者が車を管理しています。そのため、整備や清掃が行き届いており、安全かつ清潔な車をいつでも利用することができるのです。また、シチュエーションによって最適となる車は異なっています。

レンタカーは利用できる車種が豊富なので、場面に応じた車を利用可能です。問題は、10分や15分といった短時間の利用料金が設定されていないことです。短時間利用の場合利用時間以上のコースの利用料金を払う必要があり、コストパフォーマンスは悪くなります。

カーシェアのメリット・デメリット

一方、カーシェアのメリット・デメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  1. 短時間利用料金が設定されている
  2. 24時間利用が可能
  3. 安全性と清潔さには不安が残る

カーシェアは10分や15分など、極めて短時間の利用が可能です。料金設定もレンタカーと比べると極めて安く、近くで買い出しをするときなどに重宝します。レンタカー業者で24時間営業しているケースは少数派ですが、カーシェアは24時間利用が可能です。深夜や未明に利用することができます。

ただし、カーシェアで利用する車は共同管理で、専門の業者がメンテナンスや清掃を行っていません。このため、安全性と清潔さにはレンタカーと比較すると不安が残ってしまいます。

カーシェア・レンタカー比較1.利用時間で比較する

では、実際にカーシェアやレンタカーを利用した場合に、どのぐらいの料金がかかるのでしょうか。業者によって、料金設定にどの程度の差があるのでしょうか。

主なカーシェア・レンタカー業者の利用価格を、それぞれ1日、1週間、1カ月、1年で比較してみました。(料金はいずれも税込み)

1日利用の場合の料金比較

ニコニコレンタカー
引用元:ニコニコレンタカー公式HP

カルノリレンタカー 4,400~9,900円
ニコニコレンタカー 4,290~11,330円
トヨタレンタカー 7,150~30,800円
タイムズカーシェア 6,600~12,100円
カレコ 8,900~20,300円

※料金は全て税込み表記

24時間の料金の場合、軽乗用車ではニコニコレンタカーが最安値です。アルファードクラスの大型車なら、カルノリレンタカーが最もリーズナブルです。表ではカーシェアの方が割高になっています。ただ、カーシェアは10分で150円などの格安料金が設定されていますが、レンタカーは最低1時間です。

実際に利用する場合、24時間借りてもずっと乗っているわけではありません。このため、カーシェアとレンタカーの料金差はもっと縮まるとみられます。

1週間利用の場合の料金比較

引用元:カルノリレンタカー公式HP

カルノリレンタカー 8,800~29,700円
ニコニコレンタカー 18,900~48,000円
トヨタレンタカー 43,450~166,100円
タイムズカーシェア 36,300~58,300円
カレコ 62,300~142,100円

※料金は全て税込み表記

1週間利用の場合だと、レンタカー業者ではカルノリレンタカーの安さが際立っています。大型ミニバンをレンタルした場合でも、料金は3万円を下回っているのです。専用料金が設定されていないトヨタレンタカーを別にすれば、カーシェアの方が割高傾向にあります。特に専用料金が設定されていないカレコは、かなり割高です。

とはいえ、乗らない時間はステーションに戻すことになっているカーシェアを1週間利用し続けるのは、あまり考えられません。実際の価格差は、縮まる可能性が高いです。

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

1ヶ月利用の場合の料金比較

カルノリ引用元:カルノリレンタカー公式HP

カルノリレンタカー 26,400~89,100円
ニコニコレンタカー 77,000~195,800円
トヨタレンタカー 91,850~346,500円
タイムズカーシェア 162,800~235,400円
カレコ 267,000~609,000円
dカーシェア 193,050~255,750円

※料金は全て税込み表記

利用する時間が長くなればなるほど、カルノリレンタカーのリーズナブルぶりが際立ってきます。同じレンタカー業者でも、追随を許していません。ニコニコレンタカーも悪い価格設定ではないのですが、カルノリと比較すると不利です。トヨタレンタカーは1ヶ月の割引料金を使っても、高めになります。

カーシェア業者の中ではタイムズカーシェアが最安値で、dカーシェアがそれに続いています。借りっぱなしの計算となるので、どうしてもレンタカーより割高です。

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

1年利用の場合の料金比較

カルノリ
引用元:カルノリレンタカー公式HP

カルノリレンタカー 316,800~1,069,200円
ニコニコレンタカー 924,000~2,349,600円
トヨタレンタカー 1,102,200~4,158,100円
タイムズカーシェア 2,005,300~2,814,900円
カレコ 3,248,500~7,409,500円
dカーシェア 2,351,030~3,115,750円

※料金は全て税込み表記

カルノリレンタカーが際立って安いのを除けば、購入レベルの金額になっています。ただ、こうした利用法はあまり現実的ではないのも確かです。特にカーシェアの場合、1年借りっぱなしというのは考えにくいです。乗っていない時間帯はステーションに戻しておくため、その時間帯の料金は加算されません。

1日に利用しているのが6時間なら、それ以外の利用料金はかかりませんので、もっと安くなります。ただ、それでもカルノリレンタカーに勝てるかは微妙です。

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

カーシェア・レンタカー比較2.利用距離で比較する

カーシェアで支払う必要があるのは、車の利用料金だけではありません距離に応じた料金の支払いを行わなければならないケースもあります。

ここで取り上げているカーシェア業者の場合、利用が6時間を超えた場合には距離料金が生じます。各業者の料金は以下の通りです。

タイムズカーシェア 1km当たり16円
カレコ 1km当たり20~24円
dカーシェア 1km当たり14~22円

最安値はdカーシェアですが、車種によってはタイムズカーシェアの方が安くなります。カレコは全体的に高めです。

余談ですが、レンタカーは距離料金が発生することがありません。時間当たりの料金のみの支払いなので、金額の計算はシンプルになります。

カーシェア・レンタカー比較3.学生利用はどちらがお得?

カーシェア業者のなかには、学生プランが設定されているところがあります。プランを利用することで、よりお得にカーシェアを利用できるのです。

タイムズカーシェアは利用料金と距離料金のほか、月額880円(税込み)の会費が必要です。学生プランを利用すると、この会費が無料になります。

カレコの場合、上記の料金は月会費が無料のものです。学生プランは、月会費980円(税込み)を払ったものと同じ料金になります。1日当たりの料金は7,300~16,800円(税込み)と約2割引です。

dカーシェアやレンタカー業者は、学生プランは設定されていません。ただし、dカーシェアは月会費が無料となっています。

カーシェア・レンタカー比較4.利用方法で比較する

カーシェアとレンタカーは、手続きをはじめとする利用方法も違うのです。これに起因するメリットとデメリットも、両者で異なるものとなっています。

レンタカーを利用する際の利用方法・手順

レンタカーを利用する場合には、前もってネットで予約を行っていた場合でも、店舗で貸渡契約書などを提出する必要があります。これは毎回行わなければなりません。返却するときは、燃料を満タンにしておかなければなりません。燃料費については、利用者の負担となってしまいます。

ただし、返却する場所は必ずしも同じ店舗である必要はありません。乗り捨て制度がある場合には、同じ業者の別の店舗に返却することも可能です。

毎回書類を提出し、返却時に燃料を満タンにしなくてはならないのは面倒です。しかし、乗り捨て制度があれば、業者によっては遠距離ドライブの片道だけの利用もOKです。

カーシェアを利用する際の利用方法・手順

カーシェアの場合には、初回は必要書類の提出が必要となります。2回目以降はネットで予約を行い、指定時間に会員カードなどで解錠すれば利用可能です。返却する際にも、燃料を満タンにしておく必要はありません。ただし、自分が利用するときに燃料が十分ではなく、チャージを行わなければならないケースもあります。

また、カーシェアには乗り捨て制度がありません。利用した車は、必ずそのステーションに返却しなければならないのです。

レンタカーのように、毎回書類を提出する必要はないので、手続きはシンプルになります。しかし、乗り捨て制度がないので長距離ドライブを行う際には少し厄介です。

カーシェア・レンタカー比較5.利用車種で比較する

では、本記事でこれまで取り上げている業者で利用可能な車種ラインナップはどのようになっているのでしょうか。主なものをまとめてみました。

カルノリレンタカー アルト、ムーヴ、タント、プリウス、

ヴォクシー、アルファードなど

ニコニコレンタカー ムーヴ、ノート、プリウス、

エクストレイル、ヴォクシーなど

トヨタレンタカー ピクシス、ヤリス、プリウス、86、

アルファード、クラウンなど

タイムズカーシェア N-BOX、ノート、プリウス、リーフ、
C-HR、ヴォクシーなど
カレコ N-BOX、ノート、フォレスター、86、

C-HR、アルファード、MIRAIなど

いずれも公式サイトで確認できたものです。これを見る限りでは、カーシェアとレンタカーで選べる車種のバリエーションに大きな差はありません。

ただ、カーシェアの場合は希望する車種がステーションで取り扱っていないことがあります。人気車種の場合は、ほぼ借りられている状態というケースもあります。

カーシェアとレンタカーの特徴を比較して賢くドライブを楽しもう!

このように、カーシェアとレンタカーの相違点は多いのです。カーシェアの方が便利な点もあれば、レンタカーの方が優れている部分もあります。

利用する場面によって、どちらが適しているかは変わってきます。双方の特徴を比較し、理解したうえで利用するのが望ましいです。

長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめ!

引用元:カルノリレンタカー公式HP

関西で長期レンタカーを借りるならカルノリレンタカーがおすすめです。カルノリレンタカーは関西を中心に展開しているレンタカーショップです。カルノリレンタカーは現在以下の8店舗で営業しています。

【大阪府】
大阪西区店
大東住道店
大阪本店
堺西店

【京都府】
京都伏見店

【兵庫県】
兵庫伊丹店

【奈良県】
奈良大和郡山店

【三重県】
三重桑名店

カルノリレンタカーの特徴は以下の通りです。

  • 軽自動車や軽トラックであれば圧倒的な低価格でレンタカーを借りることができる
  • 1日のプランだけではなく、1週間~1ヶ月と中長期でレンタカーを借りたい方向けのプランも用意している
  • 手続きが簡単にでき、当日でも借りることができる
  • 法人様限定のお得なプランも用意してある
  • レンタカーの品質やサービスが良く、多くのお客様から高い評価を受けている

ただ安いだけのレンタカー会社なら他にもありますが、カルノリレンタカーは低価格でありながら高品質なので非常に高い評価を得ています。実際に口コミでも、車の品質だけでなくスタッフの対応への満足度も高く好評です。

個人の方でも法人の方でも簡単に車を借りることができるので、長期レンタカーを借りようと思っている方はカルノリレンタカーで車を借りてみてください。

カルノリレンタカー店舗一覧ページはこちら

カルノリレンタカー

カルノリレンタカーはウィークリー・マンスリー専門のレンタカー店です。
所有台数100台以上だからできる、安心の低価格で皆様の車利用を後押しします。
他社よりも安いからこそ選ばれ、お客様からの高評価を獲得しています。

また、手続きがとっても簡単!即日貸し出しOK、最短1分で車が借りられます。
今後も店舗数を拡大していきます。

「とにかく格安で車をレンタルしたい」「仕事や旅行などで長めに車を借りたい」
などの方はぜひカルノリレンタカーへご相談ください。
圧倒的な安さと満足度には自信があります。

最短1分で借りられる!

お問い合わせはこちらから
 

執筆者プロフィール

勇 翔太
勇 翔太カルノリレンタカー株式会社 代表取締役
平成元年生まれ、3児の父。児童施設出身の起業家です。引っ越し業に携わる中、母子家庭や非正規雇用者を大好きな車で支援したいと考え、中古車販売店を開業したのち、レンタカー事業「カルノリレンタカー」を始めました。中古車販売事業とレンタカー事業を運営する知見から、車に関する有益な情報をより多くの人に伝えたいという想いのもと記事を執筆します。社会貢献活動にも力を入れていきます。

ご予約は
お近くの店舗にお問い合わせください